GACHI~全力entertainment4U~を終えて

ヲタごとになると

(いや普段からですが)

語彙力が壊滅的になってしまう私。

 

今回もご多分にもれず、

「超絶よかった!!!!」

としかいいようのない舞台でした。

 

 

かっこいい全開の場面と

おふざけ気味の場面と

かわいらしい感じの場面と

 

色んな表情を使い分けやがって。

好きなんだよ…本当に…

好きすぎて涙出るわ…←

 

オープニングアクトでの登場シーンからグッと惹き込まれて。

福ちゃんのエロス

コッシーの凛々しさ

MATSU(ごめん見てない←)

辰巳さんのお色気

そこからはずっと見入ってたよ…

踊りも手の角度とかで違いを持たせることはあったけど、縦のカウントがぴったり揃っていてすごくきめ細やかに作り上げたんだなというのがわかりました。

 

私が入った24日の昼公演は、福ちゃんがしたり顔でネクタイ外してそれをポケットに入れてるのがたまらなくエロくて失神しそうだったんだけど←

どうやらその前に辰巳さんが落としてしまったみたいで、合わせるために外したようで…

 

クソ!!!

そういう所好きなんだよ!!!

シンメ最高かよ!!!

 

ハット芸もカッコよすぎてまじ今回何なのこの入り殺す気かよ…

と思ってたらまさかの「to me」ってグループだったらしい笑

どおりでかっこよすぎるわけだ!!!笑

 

そこからこのGACHIの構成となりうるキーワードがしっかりと盛り込まれていて。

(ふざけていても起承転結ちゃんとしてるんだよなぁ…えらいよなぁ…)

 

ところでact、dance、sing、smileまではよかったけど、アダジンスってあれなに?笑

そのままビールで誤魔化されたけどwww

そのへんがふぉゆクオリティだなって思う(好き)

 

 

伏線ちゃんと張ってて次の展開に繋がるのも大変面白かったwww

あのお爺さんたちよ…www

ていうか!!!

ポーラ普通にエロいしスタイルいいし美人だしで抱きたいやつ!!!!←

あんなディズニーぱくりみたいな流れ楽しすぎてダメやろ!!!←

 

 

あーーーーどうしよう全部感想書きたいけどいつものごとく眠いので続きはボチボチ編集していきますわ…

VS嵐とな

JUMPちゃんが全員で出るんですって!!!

 

NEWS募集してなかった?www

 

 

 

JUMP熱が薄れてる今、飛び上がるほど嬉しい訳では無いが、この前忍びの国チームでちね様が大活躍だったから楽しみだよ♡

 

 

忍びの国の映画、そろそろもう一回見に行かねば!!!

俺節備忘録という名の回顧録

長くなってきたから続きは…とか言っててすっかり忘れてたよね…

 

 

何かうまく言葉にできなくて。

 

終わってから1週間以上経ってるんだけど、まだそんなもんしか経っていないんだっていう印象。

 

 

来週にはもうツアーも始まるしね。

 

 

備忘録…

とか思ったけど、それは後々書こう。

 

 

 

ざっくり書くならば、

 

俺節という舞台は本当に日々進化していて。

 

 

途中セリフが変わったりお笑い要素足したりあって自分好みじゃないところもあったけど。

 

 

それでも

2週間前より

前日より

マチネより

私的ラストの公演までずっとずっと進化していた。

 

 

 

安田担だからどーしても贔屓目になっちゃうんだけどさ。

 

 

章ちゃんすごいの。

 

歌声が

1回1回心に響き渡るの。

 

悲しくて辛い時、当たり前のように頭の中で章ちゃんの歌声聴こえてる。

 

 

章ちゃんの歌が

届いている。

 

 

毎回毎回すごく心に届いてきた。

 

 

このタイミングで

この舞台に出会えたことは

章ちゃんにとって絶対意味のあったことだし

章ちゃんがやったからこそ

私達は出会うことができて

たくさん感じて

たくさん考えて

 

 

お互い全力だったし

本当に貴重な時間をいただけたよ

 

 

 

好きなことを追求するのって

気力も体力も多少の財力も必要だから

なかなか難しいことだけど

諦めなければ

どんな形であれ報われるというか

 

 

うーん、表現力なくて悶々とするけど

 

とにかく、自分のために生きたいって思った。

誰かの支えになりたいとも思った。

 

 

 

大きく自分をかえるなんて大人になってからは難しいけど、

人生観にかなり影響を与えられたよ。

 

 

 

これからどうなるかわからないけど、

自分の芯の部分はブレずにいきたいなと思う。

 

自分の芯が何なのかわかってないけど…笑

 

 

とりあえずアレだね(・∀・)

 

 

素敵なイケメンお兄さんに会うために頑張って稼ぎますわ♡←

 

ふぉ〜ゆ〜のぴたラジ@29.7.7

今回のオープニングの質問はっ

「きょうだいからは何と呼ばれている?」

 

 

お兄ちゃん萌えな私。

 

 

辰越の「お兄ちゃんと呼ばれてます」

の響きだけでご飯3杯いける←

 

 

妹になりたい

と願うふぉゆより1つ歳上の私←

 

 

 

 

 

さて、この日のテーマは

発見ふぉ〜ゆ〜探検隊!

 

 

まぁ予想どおり

辰巳さんの貴族探偵話ですよね〜♡♡♡

 

 

 

辰巳雄大という素晴らしき俳優がついに

月9に出演されたんです…

 

そりゃあ10分近く語ってしまいますよね…

(たぶん収録ではもっと喋ってますよね)

 

自分から

「ついにふぉ〜ゆ〜から月9に出る人がでましたよ!!!」

って言うってどんだけ嬉しかったんだよwww

 

 

 

福ちゃんが年明け日暮旅人にでて視覚探偵からの貴族探偵って言ってるのを聞いて初めて探偵繋がりに気づいた私w←

 

ていうかこの人たちのこーいうところヲタと全然変わらないよね…笑

 

 

終始嬉しそうに饒舌に話す辰巳さん。

もう溢れ出る感情が止まらない…www

 

 

最初のシーンが一番緊張したっていう話から、

コッシーが

「顔洗うシーンじゃないの?!」

って言ってるのもかわいすぎてたまらなかった♡♡♡

 

 

私的辰巳さん爆イケNo.1シーンでくっそはしゃいでたんだけど、それはコッシーも一緒だったみたいね…(๑´ڡ`๑)←

 

 

 

まぁ相葉さんとの話とか監督との話とか諸々あったけど、

最終的には

山Pとガヤさんと辰巳の楽屋の並びをムービーに撮ってる辰巳雄大最高

っていう。

 

 

マツも言ってたけど、

かわいいよ…

かわいすぎる…

 

 

 

とりあえずこの回、ひたすらリピってます。

かわいすぎるよんこいちの会話をひたすら聞いてニヤニヤしてます←

 

 

そんな私。

 

 

 

辰巳さんのshock1000回公演あたりました。

 

 

10月まで死ねません笑

 

 

今年はふぉゆさんにたっくさん会えて幸せだよ〜♡♡♡

俺節行ってきた part1

待ちに待ったこの日…俺節見てきました😭

 

クソDDのこの私が、5ヶ月も別現場を絶って俺節に捧げた甲斐がありました(´;ω;`)

 

感想?

 

めちゃくちゃよかったですっっっ!!

 

 

この言葉につきます。

 

もうね、言葉にできなくて初日目はあっという間。二日目はだいぶ落ち着いて見れたから時々メモしながら観劇しました。

 

 

備忘録でちょこちょこ記入。

 

 

まず私的初日の29日公演2日目18時半の回は、1回Q列の上手側。

真ん中通路よりの席だったのでそんなに見にくい感じはせず。初日だったので、全体を見ようと思い双眼鏡はナシで✋

以下での表記は①

 

そして30日公演3日目13時半の回は1階R列の下手側。ほぼ真逆の位置で見たからバランス的にはちょうどよかったかな?♡

以下での表記は②

ちなみにこの日は後ろのカップルとお年を召した親子が結構うるさかったよ〜

 

 

一幕は、CGの投影から始まる。

個人的に、滝沢歌舞伎とかディズニー以外でCG駆使した(なんて言うんだっけあれ…)舞台初めて見たからちょっと驚き(・∀・)

ばっちゃんが借金取りに迫られているシーンからで、物語の序章だ。

 

一分もしないうちに安田さん登場。

 

ライトが当たる前から表情を作っていて、少しも気を抜いていない。

スイッチが入っているというか。

セリフも、津軽弁っていうのもあるんだろうけど、話し方が安田章大のようであって安田章大でない。

表情、口調、仕草…

細部に渡って気を遣いながら役に徹してるなぁって感じた。

後々知るんだけど、漫画のコージって表紙のイメージしかなくって、結構勝気な喧嘩上等な人だと思ったら、どもりがちで歌しかネェ!っていうような人なんだね(・∀・)

 

それがわかってから、あの弱々しい軟弱なイメージはぴっったし当てはまったよ。

体重5キロも減ったのはかえって役に当てはまってよかったのかな??

 

 

上京してオキナワ、大御所北野との出会いでは、喋らずにじっと見据えたり、表情で物語る場面が多いんだけど、そこでも気を抜いておらず、しっかりとコージとしての表情を出していて。

北野に弟子入りを志願し、その流れで歌声を初披露するんだけど、ちゃんと歌うことが出来なくて。

でもその入りだけですごい引き付けられた。

こぶしとかすごい効かせててめっちゃボイトレしはったんやなあという印象←

①では二日目ということもあって結構声量でておられましたが②はまだ眠ってる感じだった。

三回目だしマチネだからかな??

個人的にはここでは北野のオジサマが真夏の果実を歌っているのがなかなかかわいくて好き♡

 

 

 

そこから転回してみれん横丁のシーン。

廃れたおっさん達の憩いの場であり安住の場所。スナック深爪にやき猫屋、廃れたセットの中で誰しもが「スナック丸」に気になったことでしょう…笑

ほかのエイトメンバー関連を探しちゃったよね笑

 

みれん横丁ではテレサに出会ったり、ヤクザにボロボロにされたり、そんな中で覚醒して歌を歌ったりととにかく忙しいシーン。

だから章ちゃんもコロコロ表情が変わるし、舞台いっぱい動き回るからすごく大変そう。

そこからの魂の叫びの歌。

「港」吉幾三

ボロボロの状態で歌うんだけど、サビから横丁の住人のバックコーラスが重なってすごく感動的になるの( ;∀;)

何故かヘルメットが照明の役割しててそれがまた面白かったんやけど…www

 

 

場面は変わって売春婦のシーン。

結構長いからこの辺で章ちゃんはお休みしてるのかな??

(本当余計なお世話だけどトイレとかタバコとか水分補給とか心配してる←)

章ちゃん出てなくても、姉さん方が本当面白すぎてwww

高田さん桑原さんの味のある演技素晴らしい!!!

2人とも、自分のシーンじゃなくても徹底してるの。嫌そうにする所とか怒ってる表情とか。

しかも大きくせず、あくまで注目されるべき人に隠れて。

このへんプロってすごいなぁって思う。

①には気づかなかったけど、②では役によって姉さん方がお声を変えているのに気づいてすげえなぁとつくづく関心。

そしてもちろんお歌もお上手。

姉さん方と飲みたい←

 

ここではテレサ

「この度の件につきましては私の不徳の致すところでございますっ」

がツボwww

お客さんもみんな笑ってたよねwww

 

 

備忘録長くなりすぎたwww

 

今日のところは一旦お休みしよ( ˘-˘ )

また続きは今度〜♡

トラジャが好きだ

つい先日、ふぉゆにハマってると書いた私。

えぇ。

それから加速しまして、DVD大量に買いましたよ…

 

中でもPLAYZONE

最高です…涙

 

2013からポチッたんだけど(それより前は徐々に行こうかと)song & dancingの名の元に!!!

イケメン達の歌と踊りと時々の笑いの彩宴たまんねええええ!!!!

 

ヨダレものでしたわ…

 

Road to PLAYZONEとGUYS PLAYZONEなんてどんだけ見たか…

 

f:id:s_y91130y_c:20170515183353j:image

 

でもねでもね、

ふぉ~ゆ~目当てで見てたにも関わらず、別なる宝石を見つけちまったんだよ…

 

 

それが

 

TravisJapan!!!

 

f:id:s_y91130y_c:20170515183641j:image

 

いやね?元々ね?

踊りがうまいグループだってのは知ってたよ?

だてに少クラ見てないよ??

 

 でもハマっちゃったよねーーーー!!!

だってかっこいいんだもん!!!

m9( ゚Д゚) ドーン!!!

 

つーことでさ、Twitterで友達に布教しようと推しシートなるものを作ったわけさ。

 

それを記録用としてブログにも♡

(こーでもしないと更新しない)

 

 

f:id:s_y91130y_c:20170515183857j:imagef:id:s_y91130y_c:20170515183902j:imagef:id:s_y91130y_c:20170515183910j:imagef:id:s_y91130y_c:20170515183917j:imagef:id:s_y91130y_c:20170515183927j:imagef:id:s_y91130y_c:20170515183930j:imagef:id:s_y91130y_c:20170515183934j:image

 

 

 

まぁ主観なんで異論なしってことで♡♡

 

ちまたではキスマイに出てたとかなんとか…

初現場をふむ日はいつくるのかしらーーー♡←

虚ろな十字架

f:id:s_y91130y_c:20170515180819j:image

 

珍しくヲタクでないブログ。

 

 

今このタイミングでこの本に出会ったのは何か意味があったのかな、と思う。

 

 

本編は、中原、由美、花恵の主観でストーリーが展開されます。後半には、プロローグに出てきた沙織の主観もあり。

 

東野作品らしいストーリー展開で、アレコレ想像しながら一気に読みました。

 

読み応え抜群。

 

ちょうど、優馬ちゃんの北斗を読んだばかりだったので、死刑とは、被害者遺族、加害者遺族とは、本当の償いとは…と考えさせられていました。

 

償いって人それぞれだし、何が正解なのかわからない。

でも、ちゃんと考えて生きていくってのが大事なのかな…。

 

 

語彙力乏しいし、深く考えられないからわからないけど💦

 

 

少なくとも、誰かがこうしなさいあぁしなさいって言ったから償いになるわけではないし、それが遺族のためになるのかと言ったら相異なる方が大きいと私は思う。

 

 

誰々が亡くなった、殺された、事故だった…

断片的なニュースの一言で片付けられる話ではないなと改めて考えさせられた。

 

 

東野圭吾はテーマが重いけど重すぎない。

ちゃんと読み手に考えさせてくれる。

 

読後感はモヤモヤが残ったけど、過去に向き合う必要性を突きつけられた感じでした。